● 予約制

● 自由診療

〒104-0061
東京都中央区銀座6-7-4

ご予約・お問合せ・資料請求

0120-561-287

ご予約・お問合せ・資料請求初めての方へ

体内糖化度検査

最終糖化生成物(AGEs)という「焦げつき」物質の蓄積量を調べ、身体へのダメージを測定します。この「焦げつき」が蓄積すると肌・骨・血管・臓器を老化させ、がん・動脈硬化・骨粗鬆症などを引き起こしやすくなるため、早めの対策をおすすめします。

あてはまる方は、この検査がおすすめ

  • お菓子をよく食べる
  • 炭水化物(白米、パン、ラーメンなど)をよく食べる
  • 甘いものが好き
  • 喫煙する
  • スナック菓子が好き
  • 強いストレスを感じている
  • 野菜の摂取量が少ない
  • 運動不足である

糖化とは

最終糖化生成物(AGEs)が体内に蓄積して、「焦げつき」が進行することを、「糖化」といいます。
最終糖化生成物(AGEs)は、AGEs(Advanced Glycation Endproducts)と呼ばれる物質です。糖分を過剰に摂取すると、余分な糖分がたんぱく質・アミノ酸と異常な反応を示して結合し、発生します。
そして、細胞内外に蓄積することで、細胞の老化を促進します。最終糖化生成物(AGEs)が生成される反応は、パンケーキを焼いた時に似ています。小麦粉に牛乳・卵(たんぱく質)と砂糖(糖分)を加えた生地を焼くと、良い匂いがして茶褐色のパンケーキが焼き上がります。この茶褐色になる反応をメイラード反応(糖化反応)といいます。体内では、メイラード反応に似た現象が体温(37℃前後)で発生し、最終糖化生成物(AGEs)ができるのです。
そして最終糖化生成物(AGEs)が細胞に蓄積し、「焦げつき」が進行すると、下記のようなさまざまな病気・症状・状態を引き起こします。

「焦げつき=糖化」が引き起こすさまざまな病気・症状・状態

  • 肌・骨・血管・臓器などの老化
  • 動脈硬化(脳卒中・心筋梗塞など)
  • 骨粗鬆症
  • アルツハイマー病
  • など

この検査でわかること

最終糖化生成物(AGEs)による、身体への影響がわかります。

  • 体内の「焦げつき」度合
  • 健康寿命に与える影響
  • 各年齢の平均値との比較(自分の「焦げつき」度合が、何歳に相当するのか)

検査方法

検査機器に腕を乗せて、約5分で測定できます。検査結果はその日のうちにわかります。

料金

体内糖化度検査(AGEs) 10,000円(税込)
※上記以外に、初診料(21,000円・税込)・再診料(5,250円・税込)が別途かかります。
※通訳が必要な場合は、別途メディカルフィーをいただきます。

関連する予防医療