● 予約制

● 自由診療

〒104-0061
東京都中央区銀座6-7-4

ご予約・お問合せ・資料請求

0120-561-287

ご予約・お問合せ・資料請求初めての方へ

有害重金属検査

手のひらに光を当てるだけで、体内に「蓄積」している有害重金属を調べます。
有害重金属は日常生活や環境にひそんでおり、知らず知らずのうちに体内に「蓄積」し、原因がよくわからない不調を引き起こすと言われています。

あてはまる方は、この検査がおすすめ

  • 原因がよくわからない不調が続いている
  • 動脈硬化と診断された、
    またはそのリスクをもっている
  • 体内のミネラルバランスを知りたい
  • もの忘れが気になる
  • 魚介類が好き
  • 妊娠を希望している

有害重金属とは

有害重金属は、食べ物や水の中に含まれる水銀・鉛・カドミウム・アルミニウム・ヒ素・ニッケルなどの、身体にダメージを与える重金属を指します。これらは、飲食や呼吸を通じて、人間の体内に「蓄積」します。
食物の中で、有害重金属の影響を強く受けているのは、海産物です。日本人はマグロやカツオなどを好んで食べるため、水銀の蓄積量が欧米人に比べて2~6倍も高いといわれています。
また呼吸に関しては、大気汚染の問題が深刻化しています。大陸から飛来する微粒子状物質(PM2.5)などが呼吸器や血管から体内に入り込むことで、喘息・気管支炎・肺がん・心疾患などを引き起こすことがあります。

特に注意が必要な有害重金属

含まれるもの 引き起こす症状
水銀 魚介類、農薬、アマルガム
(水銀と他の金属との合金)
イライラ、手の震え、脱毛、
動脈硬化
排気ガス、白髪染め、缶詰 うつ、疲労感、貧血
カドミウム タバコ、水道水 高血圧、腎障害
アルミニウム アルミホイル、歯磨き粉、脱臭剤 記憶障害、筋肉の硬直
ヒ素 農薬、殺虫剤 嘔吐、下痢、便秘、皮膚障害、
手足のしびれ
ニッケル 各種化粧品に含まれている
可能性がある
喘息、アレルギー、皮膚炎を
誘発する危険性がある

この検査でわかること

体内に溜まっている有害重金属とミネラルの量がわかります。

  • 有害重金属 14種
  • 必須・参考ミネラル 20種

検査方法

手のひらの4か所に、検査機器から出る光を当てて測定します(所要時間:約3分)。取得したデータは、開発元であるルクセンブルクに送信され、解析されます。
インターネットを活用したシステムのため、検査結果はその日のうちにわかります。

料金

有害重金属検査(オリゴスキャン) 15,000円(税込)
※上記以外に、初診料(21,000円・税込)・再診料(5,250円・税込)が別途かかります。
※通訳が必要な場合は、別途メディカルフィーをいただきます。