● 予約制

● 自由診療

〒104-0061
東京都中央区銀座6-7-4

ご予約・お問合せ・資料請求

0120-561-287

ご予約・お問合せ・資料請求初めての方へ

免疫細胞療法

体内でがん細胞やウイルスなどと闘う免疫細胞を人工的に増やし、免疫力を高める点滴療法です。
採血したご自身の血液から、免疫細胞を特殊な方法で培養し活性化して、体内に戻します。当院では、がんの予防対策として行っています。

『免疫細胞療法』の働き、期待できる効果

免疫細胞を増やして、がん細胞を攻撃することで、がんの予防につなげます。ご自身の血液・細胞を用いた治療法ですので、重い副作用もなく、がん細胞を攻撃することができます。

期待できる効果

  • がんの予防対策
  • 免疫力の向上

「がん」になるメカニズムと『免疫細胞療法』

体内では、正常な細胞とともに、1日数千個のがん細胞が常に生成されています。がん細胞は、特定の免疫細胞によって攻撃され、死滅します。がん細胞が生き残っている場合、その細胞は増殖し続け、ある一定の大きさを超えると「がん」という病気として診断されます。
『免疫細胞療法』は、がん細胞を攻撃する特定の免疫細胞を人工的に増やし、がん細胞を攻撃する力(免疫力)を高める点滴療法です。

培養する免疫細胞

NK細胞 ナチュラルキラー(Natural Killer)細胞。がん細胞やウイルスを攻撃する細胞で、全身をパトロールして免疫力を維持します。
樹状細胞 攻撃の指令を出す免疫細胞です。がん細胞の目印を記憶し、それと同じ目印をもつがん細胞を攻撃するよう、キラーT細胞に指令を出します。
※培養する場合は、培養時にがん細胞の目印を記憶させます。
キラーT細胞 樹状細胞からの指令を受けて働く、攻撃役の免疫細胞。樹状細胞からの指令を受けると、キラーT細胞となって、がん細胞を攻撃します。

『免疫細胞療法』の流れ

  • 1. 医師の診察

    現在の身体の状態・病歴など、医師がじっくりと診察いたします。その上で、最も適した「がん予防対策」を提案いたします。

    ※必要に応じて、身体の現状を把握するための検査をおすすめします。

    ※医師の診察の結果によっては、点滴を受けていただけない場合があります。

  • 2. 採血

    静脈から通常の方法で血液を採取します。初回はこれで終了です。

  • 3. 培養

    厚生労働省の許可を受けた専門機関で、免疫細胞を培養します。
  • 4. 点滴・注射

    採血から2週間以降に、培養した免疫細胞を点滴または皮下注射で体内に戻します。
    (点滴:NK点滴、T細胞療法 / 皮下注射:樹状細胞療法)

料金

NK点滴 1回  240,000円(税込)
樹状細胞療法 1回  290,000円(税込)
T細胞療法 1回  240,000円(税込)
樹状細胞療法・T細胞療法 1回  460,000円(税込)

※療法の種類・期間・回数などに関しては、医師にご相談ください。

※上記は初診料(21,000円・税込)・再診料(5,250円・税込)を別途いただきます。

※通訳が必要な場合は、別途メディカルフィーをいただきます。

注意事項

※がんの発症を完全に予防するものではありません。

※ご自身の免疫細胞を用いた点滴療法ですので、重い副作用はありませんが、発熱やかゆみなどの軽い副作用が生じる可能性があります。

※点滴・注射を行う日程の変更は、2週間前までにご連絡ください。それ以降のキャンセルの場合、1回分の料金をいただくこととなりますので、ご注意ください。

関連する予防医療